風と共に干からびる
更新状況とか日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一家に一台ゴキジェット
先日、Yasaから「もう少ししっかりするんだ!」といった旨のメールを受け取りました。


たしかに。最近自分にいい加減すぎました。
先々週なんか「今日こそ昼ご飯一緒に食べようぜ」と、毎日Yasaとメールしあってたのに、一週間のうち授業に出たのは1度だけという醜態を晒してしまいました。
パーフェクト寸前。野球ならノーヒットノーランと言ったところでしょうか。



これはまずい!今週から僕は生まれ変わるのだ!と熱く決意。

と、いうわけで今日はなんと遅刻せずに学校へ到着!
友よありがとう。君の言葉、僕は忘れない。

そしてYasaに「今日こそ一緒にご飯食べれるね!」とメール。
すると今日は がっこおいかない あひゃひゃひゃひゃばばばなどと狂ったメールが帰ってきました。

そしてYasaが今日学校に現れることはありませんでした。

ああ友情って素敵。



その後YU-WAと食堂で食事。
自販機でパンを買います。


パンの自販機は、ゲーセンのUFOキャッチャーのようになっています。
お金を入れてから、欲しいパンの置いてある棚の番号を押すと、アームがぐるぐる回転して、パンが下に落ちてきます。
その後下段の取り出し口が空き、落ちてきたパンを取れる、という仕組みになっています。


今日は7番の棚に置いてあるピーナッツパンが美味しそうです。
勢いよく自販機に140円を入れ7番のボタンをプッシュ!

その瞬間YU-WAが叫びました。

「KojiKoji、そこ違う!今お前が押したの4番だよ!」

「な、なんだってー!?」

しまった!押すボタンを一段間違えてしまった!
どうやら僕は7番を押したつもりで4番を押しちゃってたみたいです。

123
456
789

4番の棚をみると、そこには何のパンも置かれていません。

ふう、危ない危ない。
何も置かれてないってことは、今のはノーカウントだよな。
よし、今度こそ慎重に7番のボタンを
と思っていたら大きな音をたてて自販機が稼動します。

そして何も置かれていない4番の棚の上で、ぐるぐるとむなしく稼動するアーム。
しばらくウィンウィン回った後、取り出し口が開きます。
もちろんそこには何のパンも落ちてきていません。


そんなばかな!


びっくりして呆然と立ち尽くしました。
自販機の投入金額の表示を見ると、140から何事もなかったように0へ。


後ろではおなかを抱えてゲラゲラ笑うYU-WA。

あまりの出来事に、僕は口をパクパクさせながら
「マジっすか!マジっすか!」
と、自販機へ問いかけることしか出来ませんでした。
しかし自販機は何も答えてくれません。


ふと周りを見渡すと、学生さんたちが珍獣を見るような眼つきで僕らを見ていています。
少し騒ぎすぎたようです。
さすがに恥ずかしかったので、自販機を問い詰めるのは諦め、もう一度パンを買いなおすことにしました。
お金を入れようと財布を開けると、残っているのは35円。

105円足りない。


ふざけんなこの糞自販機がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!


もう僕は怒り爆発です。
はらわた煮えくりかえりそうです。
怒髪天を突くとはこのことです。

「ゆるさんぞッーーー!自販機やろうめがッーー!
シカトこいてんじゃねーー!僕の140円は何処いったんだ!
人が下手に出てればいい気になりやがって!
人間様の恐ろしさを思い知らせてくれるわッッッーーー!」
と、自販機へ回し蹴りの一発や二発入れたかったのですが、そんな度胸は僕にはありません。
脳内で自販機をぼこぼこにしながら、泣く泣く拳を押さえ、テーブルで泣いていたらYU-WAが500円恵んでくれました。

ああ、友情って素敵……。



その後はニューギター&ベースを買うため御茶ノ水へ。

給料日の今日にあわせて一週間前からYU-WAと日取りを決めていました。
少なくとも10万は振り込まれているはずです。
スキップをしつつATMへ向かいます。

わくわくしながら機械を操作すると、なんと残高1450円。

どうやら二人して振込み日を勘違いしていたようです。


なんだか怒る気力もうせたので、二人で狂ったようにゲラゲラ笑っていました。

「わははははは、お金が、お金がないよYU-WA」

「うひゃひゃひゃひゃ、そうだなKojiKoji」

「もう駄目だ。僕ら終わってるよあっはっはっはっは

「そんなこととっくに分かってたじゃないかうひひひひ

確実に狂ってます。


なんだかもういろいろ面倒くさくなったので、行きつけの本屋で漫画を合計7冊購入。
電車の中で大量のお菓子を広げながらひたすら読みふけりましたとさ……。



深夜0:00帰宅。
愛用のサクセス育毛活性剤をもってお風呂に入りました。

いつものように、シャンプーを終え、サクセスの缶を頭に向けます。
でもなんかいつもと感触が違う。
やけに缶が太いような……?


よくよく見てみると、それはサクセスではなくゴキジェットでした。

缶の色が似てるから間違えちゃったみたい。




こんなんやったら毛根死滅するわ!!


なんなんだ今日は……。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

いったいゴキジェットはどこにあったんですか、、、、、
【2007/01/30 14:13】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ottomanlove.blog58.fc2.com/tb.php/18-d36d36bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。