風と共に干からびる
更新状況とか日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリ売り場 やる気まんまん週間・3日目(後半)
前回からの続き



なんだかんだで三人そろった僕らに怖いものはありません。

夕方から夜にかけての忙中の最中、しっくはっくしながらも、なんとか売り場を切り盛りして行きます。



「KojiKoji君!ちょっとレジ入って!」

「はい!じゃあ山本さんはこっちの自転車の整備頼みます!」

「山本さん、この自転車いくらだっけ?値段書いてねーんだけど。客は広告の品だから12000円だろうって」

「じゃあもう12000円でいいです!いいですからッ!

「山本さん、パンクの修理って明日の何時くらいには出来ます?」

多分お昼か夜!!


どっちだよ!


「あ、これ広告に出てねーじゃん!あのババァ、デマこきやがって!」

「あ、誰かちょっとレジ入ってもらえます?立て込んじゃって」

「山本さん、入ってよ」

「嫌ですよ、きみが入りなさいよ」

「えー山本さんのほうが距離近いじゃん!」

「何言ってんですか、道のり的にはきみのほうが……」





……





そして21時。閉店時間。



山本さん「ふう。今日も忙しかったですねー」

先輩「そっすねー。結局、忙しくて調査員が来たのかどうかわかんなかったや」

僕「ですねぇ。でもいいんじゃないですか?忙しいながらもいつも通りの僕らを見せたんだし……。これならいくらなんでも前年みたいにはなりませんよ。きっと」

先輩「そうだな……。少なくとも一昨日と昨日よりはましだよな!なんかこんなに真面目に働いたのって久しぶりだよ。けっこういい汗かいたな!」

山本さん「そうですね……たまにはこうやって目いっぱい働くのもいいかもしれないですね



労働の後の火照った体に、少し弱まった店内のクーラーが心地よくそよぎます。

いままで怠けて怠けて怠けてばっかいたけれど……働くっていうのもいいことかもしれない。

やる気マンマン週間があってもなくても、もう少し真面目に働いてみようかな!



先輩「よし、課長のとこいって報告しに行こうぜー!」





課長「おうおう、今日はよく売れたやないかー。毎回こんだけ売れりゃー十分なんやけどなぁー」

僕「ところで課長、調査員の人っていつ来てたんですか?忙しくてそれらしい人が見当たらなかったんですけど……」

課長「ん?ああ、本部の人やな。あの人は今日は来てへんで」


へ!?


課長の言葉が驚きと共に、僕ら三人を包み込みました。

一昨日も昨日もそれらしい人は来ていなかった。でもやる気マンマン週間は今日でおしまい……。

これはどういうことだろう?

そもそも抜き打ち調査のはずだったのに、課長が最初にバラしちゃってることもおかしい。いくら課長がうっかりものだからって、こんなこと事前に言うだろうか?

それに、普通3日間のうちどれかだけ来るって事はありえるのか……?

本部の人間だって暇じゃないだろうし、ダイエーは関東だけでも50件くらいあるんだから、一つの店にそんなに時間はかけられないはず……。

そして何より「やる気マンマン週間」っていう名前がダサすぎる。ありえない。



これは……まさか……!



僕「そうか……謎は全て溶けた!」

先輩「な、何を言ってるんだKojiKoji!ついに狂ったか?

僕「いや……僕は狂ってなどはいない!このやる気マンマン週間の……真の意味が!本当の意図が今分かったのです!」

課長「な、なんやってー!?何を言ってるんやKojiKoji!やる気マンマン週間は現にこうして-」

僕「いえ……、それが真犯人の狙いだったんですよ!

先輩「どういうことだ!説明しろKojiKoji!」

僕「やる気マンマン週間なんてものは……本当は存在しなかったんですよ!全ては、夏休み第一週で売り上げの上がるこの時期に、僕らを真面目に働かせるためのブラフだったん

課長「いやいやいやいや、アホちゃうかお前は。そんな漫画みたいなことがあるわけないやろボケが!調査員はちゃんと来たっつーの!一昨日と昨日に!

僕「ええーー!?」

先輩「で、でも一昨日も昨日も本部の人なんてどこにも……」

課長「いや、それがな。調査員の前でだけ真面目にやってるやつとかいるから、それを見抜くために、私服を着て普通のお客さんのように振舞ってたらしいで」







なんてこった!

セコイぜ!

セコすぎるよ調査員!

調査員っていうからてっきり七三分けのエリートサラリーマンっぽい人が眼鏡を光らせながら手帳を片手に常にメモを取り続けているような感じだと思ったのにぃぃぃぃ!んでお釣りのお札を数える時のスピードが速かったりすると「む……!あの男、できる!」みたいなリアクションをとってくれるような人だと思ってたのにぃぃぃぃぃぃぃ!





一昨日と昨日か……ぼんやりと記憶を探ってみます。





「ああ~~~くそダリィ~~~」

「チッ!(舌打ち)私お客さん大ッ嫌いなんですよ!!!」

「いやぁ~大丈夫!まだ2本目だから!」

「みてなさい、今にこの売り場は地獄になりますよ……うふふふふふ」






……。



課長「まぁ、普段から気をつけてれば大丈夫ってことやな。お前ら一昨日と昨日くらいは真面目にやったんやろ?ああー本部からの報告書が届くのが楽しみやなぁはっはっはっは~」

先輩「いやーまじーっすね!昨日なんて俺3本もビール飲みましたから!うひゃひゃひゃひゃ!」

課長「またまた、お前冗談うまいやないか!はっはっはっはー」

先輩「いーっひゃっひゃっひゃ」


おしまい
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この落ちいいですねw
【2006/11/19 14:03】 URL | AOEふぁん #- [ 編集]


当然と言っちゃ当然ですけどねw
バイトネタの日記あったらアップします。
Kojikojiさんが書いてくれれば・・・!
【2006/11/27 02:42】 URL | Yasasii_hito #tHX44QXM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ottomanlove.blog58.fc2.com/tb.php/39-d3815a17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。