風と共に干からびる
更新状況とか日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くまがクマッタ(3)
~前回まで~

時は昔。

各地で勃発する一向一揆を、次々に平定していく信長。圧倒的実力をみせる信長に対し、1573年、宿敵武田勝頼がついにその牙をむくのであった。

勝頼有利と思われた戦いは、勝頼の騎馬部隊を、3000丁の足軽鉄砲隊で迎え撃った信長の勝利となる。その後、近江に安土桃山城を建設、自身の権力を更なる磐石へと高めていくのであった。

1582年、中国攻めに失敗した秀吉の援護のため、本能寺へ向かう信長。しかし、これが信長の最後の姿になろうとは、この時、誰も知るものはいなかったのだ……



そしてその325年後、ついに文化祭当日が訪れるのであった!!






文化祭当日、KojiKojiのクラスの教室にて。



A「でもKojiKojiが本当に王子役をやるとはなぁ。今になってもびっくりだよ」

僕「あはあはあは……なんていうか僕もびっくりだよ。まだその話を覚えてたとは

B「ほんとほんと!俺なんて最初は絶対嘘だと思ったもん。どうせKojiKojiの事だしさ~」

僕「ははは……そんな……。ま、まぁ当たらずとも遠からずというか

A「ところでKojiKoji、お前本番前だっていうのに、なんでそんな真っ黒な格好をしてるんだ?それじゃあまるで黒子みたいだぜ?

C「なにいってんの、KojiKojiが黒子なわけないじゃん!本番の前は最初こういうのを着ておくものなんだよ。ねえKojiKoji?」

僕「え、あ、うん、まぁ、こ、今回の王子はナウい王子だからね!ファッションも斬新なんだよ!うんうん!」

C「だよね~。KojiKojiが嘘をつくわけ無いじゃん。やっぱりやる時はやる人だったんだよ!

A「そうだな。疑っててごめんよKojiKoji!白雪姫役のGちゃんと仲良くなったっら紹介しろよ!」

B「お前は俺たちの希望の星だぜ!しっかり活躍して来るんだぞ!」

C「最前列で応援してるからねー!」

僕「う、うん!まかせろー!学校中をどっかんどっかん笑わせてやるぜー!じゃあ僕は本番前のトレーニングがあるから!これで行くよ!アディオス!」



……



やっべーーーーーこれはまず過ぎる。完璧に覚えてたよあいつら。
授業の内容とかは覚えてないくせに、剣心の必殺技とか下らないことばっかり覚えてる連中だからなちくしょう……。

部室へ向かっていると、そこには今回の劇の王子役である先輩が立っていました。
気の早いことに、もう衣装に着替えてしまっています。



先輩「いやぁKojiKoji!見てよこの衣装!かっこいいでしょー!ちゃんと剣も着いてるんだぜ!」

先輩は緑色の全身タイツの上に、でかめシャツを羽織り、上からベルトでとめていました。
頭にはキテレツのサンバイザーのような奇妙な物体をつけ、剣を構えながらニコニコニコニコ笑っています。

どっからどうみても王子には見えません。まるでドラクエ3の勇者のような格好です。

僕「先輩、まじでその衣装で出るんですか……?」

先輩「うん!もちろん!最初はタイツだけだったんだけど、部員の皆が去年の小道具のあまりとかを色々借りてアレンジしてくれたんだ」

なるほど……、皆100%面白がってやってるな。僕も混ざりたかったぜ、くそ!

先輩「俺な、KojiKojiには感謝してるんだ!せっかく決まってた王子の役を俺に譲ってくれて、自分は黒子をやってくれるなんて!」

僕「せ、先輩!声がでかいですって!いいから!そのことはいいから本番まで部室にはいってじっとしててください!」

先輩「え?あ、そう?でもまだクラスの連中にこの姿を見せにいっ」

僕「本番までとっておいたほうが絶対うけますって!今はもったいないっすよ!早く中にーーー!」

不思議そうな顔をする先輩を部室の中に押し込めます。

危ない。こんな場面が知り合いに見つかったら、僕が実は王子役でもなんでもないことがバレてしまうではないか!

『頑張れ!応援してるぞ!』『お前は俺たちの希望の星だぜ』クラスの連中の声が頭に響きます。

ううう、心が痛いぜちくしょう。

ここまで来たらしょうがない。腹をくくらなければ……!

全てが終わるまで……観客をだましきるしかないッ!!

部室に入り、今までの文化祭で使われてきた小道具が入った大箱を、見つめながら、僕はひっそりと決意を固めるのでした。







午後、13時。本番開始。



ついに劇が始まりました。

当分の間は、黒子の役目も、王子の出番もありません。

舞台では、鏡に対して話しかける継母役のKさん。

彼女は、雰囲気がお婆さんぽいという、あんまりな理由で推薦されました。

でも、見てると確かに納得



……



「鏡よ鏡よ。この世で一番美しい者はだれじゃ?」

「お妃さま あなたはとても美しい。けれども 白雪姫のほうが 何千倍も美しい」

継母の問いに答える魔法の鏡。

白雪の美しさに嫉妬した継母は、白雪姫を森に放置、さらに追っ手として木こりを放ち、彼女を殺そうとします

うーむ、女性の嫉妬というのは恐ろしいものです。ナンマンダブナンマンダブ。



……



白雪姫を追い詰める木こり。しかし彼は、白雪姫の美しさと清らなかな心に打たれ、逆に彼女を逃がしてしまうのでした。

木こりは、白雪姫を殺した証拠として、彼女の心臓を持ってくるように命じられています(用心深いババアだ

カモフラージュのため、白雪姫の心臓の代わりに、豚の心臓を箱に詰める木こり

木こりから箱を渡された継母は、「白雪姫も死んだ今、これで世界で一番美しいのは私だわ!」とホッと一息です。



……



魔法の鏡に話しかける継母。

しかし、白雪姫はまだ死んでいませんから、やっぱり鏡は白雪姫萌えー!みたいなことしか言いません。

激昂する継母。

そして、七人の小人の家にたどり着く白雪姫の下へと、場面は代わります。



ここで!この場面で!黒子の役がやってくるのです!

今回の劇は大まかに二つの場面に分かれています。
継母と鏡の対話やら、木こりのストーキングでなりたつ前半と、それ以降の後半と、です。

前半では、右側に魔法の鏡やら継母のイスなどを集め、左側に森のセットや木こりの大道具を置いて、一つの舞台で二つの場面を進行させていました。

後半以降は全て小人の家のセットで進みます。

全身真っ黒な格好をしているとはいえ、頭までは隠しているわけではないので、顔を見られたら僕が黒子だとバレてしまうかもしれません。

ここが勝負どころだッ!



僕を含む4人の黒子部隊が、弓から放たれた矢のように舞台とへ飛び出し、魔法の鏡やら森のセットやらなんやらを大急ぎで片付けます。

まずは鏡を二人がかりで回収、それが終わったらすぐに森のセットを持っていかなければなりません。

慎重に迅速に事を運ぶ僕ら。ここでうっかりセットをひっくり返したりしたら笑えねー!

必死に照明を避けながら、顔を出さないように、素早く大道具を出し入れします。



黒子の中でも特に、ゴキブリのように高速で動き回る僕に、客席から笑い声が起きますが、どうやら正体はバレていないようです。

30秒ほどで、舞台のセットは全て入れ替わりました。

よし!第一関門クリアーー!



……



書くのが面倒なので色々はしょって、そしてついに王子の出番がやってきました。

相変わらず勇者様スタイルなH先輩。

H先輩と僕は、髪型とかキャラなんかが割りと似ているんですが、よく見ると全然違います。
彼は普段から「俺の股間のジョイスティックが火を噴くぜ!」などとのたまう不思議ちゃんでしたが、ブーな僕とは違い、顔は割とイケメンさんです。

衣装を着ているので、客席からは遠目で分かりずらいとは言え、僕か先輩を知っている人が見れば、あっさり見抜いてしまうかもしれません。



予告どおり最前列で、王子の登場を嬉しそうに見守る級友たち。

ついに来た……絶対絶命の時……。

僕の通してきた嘘もここで暴かれてしまうのか……!



……しかし、ノコノコと舞台へ現れた王子を目の当たりにして、客席からどよめきが起こりました。

「ざわざわ……」

「うわぁー何アレ

「なんだなんだ、変態か!?

「この学校、染めるの禁止だよな?」

「ざわざわ……」

あきらかな動揺の波紋が、会場を包みます。



くくく……。

ついに来たか……!

秘中の秘……!

最後の切り札が!







もう一回だけつづく
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ottomanlove.blog58.fc2.com/tb.php/46-8f48e464
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

不思議ちゃん不思議ちゃん(ふしぎちゃん)、不思議くん(ふしぎくん)は、俗に、マイペースで行動パターンや物言いが常識からやや逸脱しており、周囲からは容易に理解しがたい不思議な個性を持った人の性格類型をさす言葉。単に浮世離れした奇妙な雰囲気を持った人のことも 萌えの殿堂【2007/10/18 10:48】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。